最終的な目標は5 | 自動運転システムのレベルごとの違いとは?

自動運転が可能になる時代はいつ?レベルで可視化どう違う

全世界で自動運転の開発を行っている

特定の条件とは

決められた条件下であれば、自動運転システムが運転を全て担当できるというのが、自動運転レベルが4の段階です。
この部分だけを聞くと、自動運転レベル3と同じようなものだと感じる人が多いと思います。
最も大きな違いは、緊急事態が起こった時にドライバーが運転を引き継ぐのかどうかという部分です。

自動運転レベル3の場合はドライバーが運転を引き継ぎますが、自動運転レベルが4なら引き継ぐ必要はありません。
ドライバーは運転が義務ではないので、自動運転システムの責任が大きくなります。
技術が発展している世界では、すでに自動運転レベル4の車の開発が進められており、日本でもレベル4を視野に入れて、さらに技術を磨いています。

場所や条件が関係なくなる未来

どんな場所や条件下でも自動運転ができるようになると、自動運転レベル5と認定されます。
車を運転する作業を全てシステムが担当するので、もはやドライバーが不要になります。
運転席にドライバーがいなくても良いので、無人で車を走行させることが可能です。
将来的には無人のタクシーやトラックが登場し、人間の仕事の負担を削減できるかもしれませんね。

ただ自動運転レベル5の段階にするためには、車のシステムを高めることも重要ですが、自動運転に合わせて道路や法律を整備しなければいけません。
今のままでは自動運転で走行できる場所が狭い範囲に限られていますし、もし事故を起こした場合に、誰が責任を取るのかという課題が残っています。


この記事をシェアする