苦手な人でも安全 | 自動運転システムのレベルごとの違いとは?

自動運転が可能になる時代はいつ?レベルで可視化どう違う

ドライバーを支援するシステム

2つのサポートを受けられる

自動運転レベルがもっと上がり2になると、車線をはみ出した時に車を自動で元の位置に戻す機能と、加速や減速の機能の2つが搭載されます。
自動運転レベルが0や1に比べて、かなりドライバーの負担を削減できるでしょう。
これまでは車を運転するのが苦手で、なかなか遠出できなかった人がいると思います。
自動運転システムにサポートしてもらえば、自信を持って運転できますね。

このように誰でも安全に車を運転し、事故のリスクを減らすというのが自動運転システムの大きな狙いです。
現在は様々な原因で交通事故が多発しており、それにより命を落とす人も見られます。
今後は悲しい事故が起こらないよう、各メーカーが自動運転して研究に力を入れています。

決められた道路を運転する自動運転

特定の場所であれば、自動運転ができるようになるのが自動運転レベル3の特徴です。
万が一、システムが急停止したなどの緊急事態が起こった時は、ドライバーが運転を引き継がなければいけません。
まだ完全な自動運転システムではないというのが現状です。
天候が悪くなった時もシステムがうまく作動しないことが多く、まだまだこれから改善が必要です。

自動運転システムが作動している通常時であれば、ドライバーがハンドルから手を離せますし、モニターや周囲の景色を見ることはできるので、従来よりもドライブが快適になるでしょう。
これまでは長時間の移動が苦痛だったかもしれませんが、モニターで映画を見られると、楽しく車内の時間を過ごせます。


この記事をシェアする