0と1の段階を知る | 自動運転システムのレベルごとの違いとは?

自動運転が可能になる時代はいつ?レベルで可視化どう違う

自動運転システムのレベルごとの内容とは

ドライバーがすべて操作し運転する

車を運転する際は、アクセルを踏んで加速をします。
そして止まりたい時はブレーキを踏む、カーブを曲がる時はハンドルを操作するなど、基本的な運転作業がいくつかあります。
これらを全て運転席に座っているドライバーが行うのが、自動運転レベルが0の段階です。
現在、多くの人が所有している車は、まだ自動運転レベルが0です。

研究が進められていて、どんどん新しい付加機能が車に追加されています。
自動運転レベルが、少しずつ上がっていることを覚えておきましょう。
近い将来には、誰でも自動運転で好きな場所に移動できるようになるかもしれません。
そこで、どのぐらいのレベルになると安全に自動運転で道路を走行できるようになるのか調べてみましょう。

機能が少し追加された車

ドライバーの運転をサポートしてくれる機能が備わると、自動運転レベルが1になります。
例えば道路を走っている時に、運転操作を誤って車線をはみ出してしまうかもしれません。
ずっとそのままで走り続けると通行人や対向車とぶつかる可能性があり危険ですが、システムが感知すると自動で車を元の位置に戻してくれます。
また前を走っている車の距離を感知して、ぶつかりそうだったら減速する、進んだら加速するというように、自動で速度を調整する機能が自動運転レベル1に含まれます。

最近発売された車は、この機能が備わっているものも見られます。
自動運転レベル1とはどのようなものなのかを体感したい人は、試乗会に行ってみてください。
乗ってみると、自動運転システムのすごさが体感できます。


この記事をシェアする